スクワランとアンチエイジング

若い肌を保ちたいというのは、女性なら、そして最近は男性でも同じように思うのではないでしょうか?しかし残念なことに時の流れを止めることはできませんし、当然人は年をとっていくものと言えます。

 

年齢を重ねていくことでお肌も同じように老い、シミ、シワといった加齢の特徴を表していくことになります。もちろん還暦を超えても10代のようなお肌をしているというのも不気味だとは思いますが、ある程度年齢に則したお肌でありつつも、若々しくありたいと思うのではないでしょうか?

 

そういったことから最近人気なのがアンチエイジングになります。アンチエイジングというのは「老けないようにする」ということではなく「老化をゆっくりとしていく」ということになります。常に年齢よりか若くみられるような年のとり方を目指していくことに成るといえるでしょう。

 

なぜ人は、肌やその他が老化をしていくのかというと、新陳代謝が鈍くなるからと言えます。若いころは新陳代謝が活発なためお肌もどんどん再生されていきますが、新陳代謝が鈍くなるとそうもいかなくなります。そしてそんなお肌の老化を遅らせるのに活躍をしてくれるのが、スクワランになるのです。

 

スクワランはもともとお肌に含まれている成分になり、お肌に酸素を送り込むことで新陳代謝を活発にしてくれる働きがあるのです。また年齢を重ねていくと、お肌の乾燥が気になるようになることでしょう。これも実はスクワランが関係をしていると言えます。

 

若いうちは程よい皮脂、汗などで肌に膜ができ、それによって乾燥を防いでいきます。しかし年齢を重ねるとこういったバリア機能が弱っていきます。そのため、大体の場合年齢とともにお手入れの化粧品がいろいろと増えていくことになります。健康なお肌はスクワラン、そしてスクワランのもととなる成分が豊富にあるのですが、そうでない場合は自分でスクワランを補ってあげなければならないのです。

 

このように普段の生活におけるお肌のバリア機能としてのスクワラン、そしてもともとの新陳代謝の補助をして、お肌の活性化をはかるためのスクワランと、いろいろな点でスクワランは大活躍をしている必須成分といえるのかもしれません。

 

スクワランは25歳を機にその量が急激に減っていきます。そのため25歳がお肌の曲がり角などと言われたりするのかもしれません。年齢やお肌の状態などで心当たりがある場合は、スクワランをたくさん含む化粧水などで積極的に補っていくことを考えてあげるようにしましょう。

スクワランとアンチエイジング/心も体も若々しく!関連ページ

エステサロン
ツボ押しでほうれい線対策
舌を使ったエクササイズ